HOME>会社情報>事業紹介>医薬品メーカー支援事業

医薬品メーカー支援事業

医薬品メーカーにとって、
なくてはならない存在

医薬品メーカーは経営資源を新薬開発に集中させるため、周辺機能のアウトソーシングを、これまで以上に強めています。スズケングループはこうしたニーズをいち早く捉え、医薬品メーカーに対してグループの総合力を生かした多様なサービスを提供しています。

医薬品メーカーへ多様なサービスを提供

医薬品の製造受託をはじめ、メーカーの物流センターの運営や卸への物流の受託など、医薬品メーカーのコスト削減にも貢献しています。さらに、たとえ一人でも病気に苦しむ患者さまがいる以上、必要とされる医薬品をお届けすることが社会的使命 と捉え、希少疾病用医薬品※1の流通も実現しています。

[療品メーカーバリューチェーン:スズケングループの医療品メーカー支援事業][研究開発:治験支援事業]→[製造:医薬品製造受託事業]→[物流:メーカー物流※2事業、希少疾病用医薬品の支援事業]→[マーケティング:医療関連調査事業]→[販売:医薬品販売支援]

  • ※1医療上必要性は高いが、必要とする患者数が少ない医薬品
  • ※2メーカー物流には、医薬品の原料をメーカーの工場まで輸送する「調達物流」、生産された医薬品をメーカーの工場からメーカーの物流センターまで輸送する「生産物流」、メーカーの物流センターから卸の物流センターに輸送する「販売物流」があります。

医薬品メーカー支援事業の概要

治験支援

自社開発の治験専用心電計と高精度なQT計測システムWebHeart(BioClinica社)を使い、医薬品承認申請前に実施する臨床試験段階の心臓安全性評価(心電図QT間隔計測)を支援するサービスを行っています。

  • 株式会社スズケン 治験支援事業部

医薬品製造受託

FUKUSHIMA工園・熊本工場の2つの工場では、自社医薬品の製造だけではなく、大手医薬品メーカーの受託生産も行っています。

医薬品物流支援

希少疾病領域の総合支援、治験薬物流支援、医薬品メーカーの物流支援を行っています。

マーケティング支援

医薬品メーカーのマーケティング支援を行っています。

このページの先頭へ