HOME>スズケングループCSR>環境保全への取り組み

環境保全への取り組み Efforts Toward Environmental Conservation

環境方針について

わたしたちスズケンは、「新しい価値の創造により、地球の健康とすべての人々の健康で豊かな生活に貢献する」という経営理念を掲げています。スズケンという企業が、この地球上に存在するための基本的な考え方であり、人と地球の健康のためにトータルでお手伝いさせていただきたいという、わたしたちの熱いメッセージが込められています。

環境方針

医療用医薬品の流通を中心とする、健康に関するあらゆる分野がスズケンの事業領域です。"健康創造"という健康に関わる幅広い領域で、新たな価値を創り続けています。
わたしたちスズケンは、21世紀の最も重要な課題のひとつは地球環境保全であると認識し「地球の健康とすべての人々の健康で『笑顔』あふれる豊かな生活」に貢献するベストパートナーを目指します。
そのために、環境に関連する法律・規則及び協定等を順守するのはもちろんのこと、地域社会と協調しながら、「省資源・省エネルギー」「廃棄物の削減・リサイクル」「汚染の予防等を含む環境保護」「CO2排出量の削減」「業務の効率化」など持続可能性の柱に寄与する環境マネジメントシステムを確立・実行し、環境パフォーマンス向上のために環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。
そして、この環境方針を実りあるものにするために、従業員及び関係者等に周知すると共に、広く一般のみなさまにも開示しご理解いただくよう努めます。

2017年4月1日
株式会社スズケン
代表取締役社長 宮田浩美

環境マネジメントシステム

スズケンでは、2004年3月に本社ビルにおいて、ISO14001認証を取得し、「環境方針」のもと、「省資源・省エネルギー」「廃棄物の削減・リサイクル」「汚染の予防等を含む環境保護」「CO2排出量の削減」「業務の効率化」に重点をおいた取り組みを行っております。適用範囲についてはこれまでに、本社ビルのほか江南、戸田、阪神、神奈川、千葉、宮城、札幌物流第一の各物流センターにも拡大しています。従業員一人ひとりの環境認識を深めるとともに、省資源・省エネルギーなどの活動を継続的・計画的に推進してまいります。

環境マネジメントシステム 概要図

環境マネジメントシステム 概要図

環境マネジメントシステム(EMS) 推進体制図

環境マネジメントシステム 概要図

具体的な取り組み内容

地球温暖化防止への取り組み - 3 Green Action

当社は、地球温暖化防止の取り組みとしてCO2排出削減を目的とした省エネ活動を推進しています。

①グリーンオフィス

事業所内での省エネ活動として、「昼休み時の消灯」「パソコンのスタンバイの徹底」「冷暖房の効率的な使用」などを行っています。
また、各事業所や物流センターの一部において、太陽光発電、LED照明、光感応式照明、高効率空調機などの省エネ設備・機器の導入に努めています。

  • 【太陽光発電システム】

      各物流センターには最大発電能力、阪神(10KW)、神奈川(20KW)、千葉(20KW)、宮城(20KW)、合計で70W(40Wの蛍光灯1750本分)の太陽光発電パネルが設置されています。

②グリーン営業・グリーン物流

営業・配送時における取り組みとして、営業車両をハイブリッドカーや軽車両に切替え、ガソリンの使用量削減に努めています。2017年3月末現在、86.8%の切替を完了しました。また、営業・配送時には、エコ運転の励行に努めています。

  • ハイブリッドカー

③グリーン IT

IT関連の省エネ活動として、省エネタイプのIT機器(パソコン、サーバー等)への切替えおよび新規導入に努めています。

省資源・循環型社会への貢献

限りある資源を有効に活用することが環境負荷低減につながるとの考えのもと、以下のような取り組みを行っています。

①Reduce Action (廃棄物等の減少)

紙資源の有効活用を目的とし、「両面コピーの励行」「電子資料の活用」などの活動を推進しています。

②Recycle Action (再生利用)

分別表貼付の徹底を通じ、廃棄物の分別を推進するとともに、グリーン調達の徹底を図っています。

「ISO14001」認証取得(2004年3月29日)

適用規格:ISO14001:2004/JIS Q 14001:2004

登録機関:日本検査キューエイ株式会社

登録番号:E2408

登録日:2016年12月15日

対象範囲:(1)医療用医薬品、試薬、医療用機器、医療材料、食品などの販売にかかる企画・管理
(2)上記商品の入出庫・保管・管理

認証対象:(1)本社、PMO、東京事務所
(2)各物流センター(江南、戸田、阪神、神奈川、千葉、宮城、札幌物流第一)

このページの先頭へ