HOME>スズケングループCSR>コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス Corporate Governance

コーポレート・ガバナンスの基本的な考え方

コーポレート・ガバナンス体制図 ※各種委員会は法令に基づく委員会ではありません。

スズケングループは、コーポレート・ガバナンスの強化を経営の重要なテーマと位置づけ、「マネジメント体制の強化」「リスク管理体制の強化」「ディスクロージャーおよびアカウンタビリティの充実」を基軸とした取り組みにより、当グループに対するステークホルダーからの信頼を高め、継続的かつ健全な発展を図っています。

マネジメント体制の強化

スズケンは、経営監督機能と意思決定機能を取締役が担い、業務執行機能を執行役員が担う体制としています。これまでに役員退職慰労金制度の廃止、取締役の定員枠の縮小、業績や貢献度に連動した役員報酬制度を導入しています。また、取締役の任期を定款で1年と定め、取締役の職務執行の責任強化を図っています。

グループ会社の管理体制に関しましては、「スズケンからの取締役もしくは監査役の派遣」、「関係会社管理規程に準拠したスズケンへの報告・決裁承認体制」および「スズケンの監査役、監査室および会計監査人によるグループ会社各社の定期監査の実施」などにより、グループ会社の役員および従業員の職務執行状況の監督・監査を行っています。

また、グループ会社各社の特質などを踏まえ、適切な内部統制システムの整備・指導を行っています。

このページの先頭へ