HOME>スズケングループCSR>リスクマネジメント

リスクマネジメント Risk Management

リスクマネジメントの基本的な考え方

リスクマネジメント体制図

スズケングループは、リスクの発現を予防する「未然の防止」、リスクが発現した際に速やかにその状況を把握し、迅速かつ適切に対処する「影響の最小化」をリスクマネジメントの第一義としています。これらの取り組みを通してステークホルダーからの信頼を高め、当グループの企業価値の維持向上を図っています。

リスクマネジメント体制の強化

リスクマネジメント体制をさらに確固たるものにするため、取締役会の下部組織として、「リスクマネジメント委員会」を設置し、スズケングループ全体におけるリスク管理を行っています。

また、当グループのリスクマネジメントを効果的、効率的に行うために、リスクマネジメント委員会の下部組織として、(株)スズケンと各グループ会社が参画する事業セグメントごとにリスク全般の実務を担う実務委員会を設置しています。

委員会では、各事業の特性に合わせたリスクの洗い出しを行い、グループで共有して重点的に取り組むリスクを設定し、リスクの未然防止と低減を主としたマネジメントの強化を図っています。

内部通報制度

スズケングループでは、内部通報制度「企業倫理ホットライン」を導入しています。会社において法令・定款違反行為、その他スズケングループのブランドを傷つける行為が行われた、または行われようとしていることを従業員などが知ったときに「企業倫理ホットライン」へ通報することができます。

当制度を運用することで、当グループは早期にリスクを察知し、速やかに是正措置を行っています。

このページの先頭へ