HOME>スズケングループCSR>スズケングループCSRの基本的な考え方

スズケングループCSRの基本的な考え方 Suzuken Group's Stance Towards CSR

スズケングループCSR推進のイメージ

スズケングループは、グループ経営理念の実現に向けて、経営の基盤となる「コーポレート・ガバナンス」「コンプライアンス」「リスクマネジメント」をより深く浸透させ、揺るぎないものにしていく一方で、新たな価値を創造し、さらなる高みに向けて挑戦し続けていきます。

スズケングループのステークホルダーとその想い

スズケングループは、ステークホルダーの皆さまへの想いを大切にし、ステークホルダーの皆さまとの双方向コミュニケーションをさらに充実し、グループ総合力を発揮することが重要と考えています。

スズケングループ(双方向コミュニケーションの充実・グループ総合力の発揮)↔従業員(人を大切にしたい)、お得意さま(なくてはならない存在になりたい)、地域社会(かけがえのない存在になりたい)、地球環境(地球の健康に貢献したい)、株主・投資家(スズケングループを深くご理解いただきたい)、ビジネスパートナー(ともによきパートナーとして相互に発展していきたい)

スズケンCSRの基本的な考え方はこちら

このページの先頭へ