USER’S VOICE

医)真央クリニック

患者サービスと患者アメニティの向上のために。

脳神経外科 内科 整形外科 リハビリテーション科
「医療法人 仁真会 真央クリニック」(大分県大分市)

頭痛・めまい、脳卒中の治療やリハビリ、生活習慣病の予防・治療等を中心とした脳神経外科、リハビリテーション科を専門とするクリニックです。平成16年12月に患者本位の医療の必要性を心から感じて開院。外来・リハビリ・付属鍼灸室からなる施設と各専門スタッフを配置してあらゆる角度から患者さまをサポートしています。

患者さまへのアメニティ向上のために

機器選定にあたり、先ずは私自身(院長先生)でCardy 303 picoを装着し、患者さまやスタッフが無理なく検査を実施できるかに着目して使用しました。
実際に使用したところ、機器の操作性及び装着感(アメニティ)など、Cardy 303 picoは従来の機器に比べて格段に向上していると実感しました。

かかりつけ医の使命と役割

佐藤院長先生とスタッフのみなさま

佐藤院長先生とスタッフのみなさま

今までは、問診や心電図上で異常があれば循環器専門医を紹介していました。しかし、患者さまの負担軽減と予備検査の位置付けを重視し、当医院で検査をすることを検討していました。患者さまからも、当院で検査を実施することにより「紹介された施設で検査するのではなく、真央クリニックで検査がしてもらえて助かります。」と非常に喜ばれています。
また、ホルター心電図検査を実施することにより、12誘導心電図検査では見落としがちな不整脈(発作性心房細動)や虚血性変化を正しく評価する事も可能になりました。特に、発作性心房細動を見つけることは、心原性脳梗塞のリスクを評価するのに役立ちます。検査したデータの解析は、スズケンの解析センターを利用しています。スズケンホルター解析センターでは、専門医の詳細なコメントがあるため安心して検査を行えます。
今まで以上にホルター心電図検査を必要と考える患者さんも増えました。今後は不整脈・動悸等の症状の患者さまへの精査として実施していきたいと考えております。

スズケン独自の技術に患者さまやスタッフの方が大満足!!

<患者さまの声>
他施設では見たこともない程、機械が小さいね。
着けているのを忘れるくらい気になりませんでした。
<スタッフの声>
Cardy Controller 03で簡単に波形のチェックと被検者情報入力が可能です。
患者さまへの取り付け・取り外しが簡単ですぐに覚えることができました。
電極(カルディロードP)は本当にかぶれ・赤みが残らないのでびっくりしました。

USER'S VOICEへ戻る