ホルター心電図解析診断支援事業

診断支援・健康増進支援
ホルター心電図解析診断支援事業

のべ100万本以上の解析実績 専任臨床検査技師によるメーカー直営ならではの信頼されるサービスを提供

ISO9001認証取得

安心の判読医師体制

著名な循環器専門医師グループと契約し、信頼性の高い判読コメントを専門医所見付解析レポートとして提供いたします。

ISO9001認証取得

ISO9001を開発、製造、解析部門ともに認証取得しております。記録機器および解析サービスの両面において、品質マネジメントシステムにそったご安心いただけるサービスを提供いたします。

情報セキュリティ

解析装置には生体認証システム(指紋)を装備し、不正アクセスから保護しております。また、情報セキュリティガイドラインを策定し、個人情報を保護し適正に管理しております。詳しくは、「個人情報保護方針」をご覧ください。

判読医師駐在のもと、専任臨床検査技師が解析業務を実施

教育を受けた専任臨床検査技師が、最新バージョンの機器にて解析業務を実施しております。判断の難しい症例については、判読医師より逐次指導を受け業務を遂行しています。

解析品質の維持

顧問医を中心とした循環器専門医による、解析品質の監査および指導を実施しております。また、社内独自の資格制度を設け品質の維持・向上を図っています。

解析サービスご利用のメリット

このページの先頭へ

解析依頼方法と結果返却について

解析依頼方法と結果返却について

解析サービスの種類について

種類 解析レポート PDFファイル
解析結果 圧縮波形 拡大波形 専門医
コメント
解析結果 圧縮波形 拡大波形 専門医
コメント
D
E
(オート)
- -
F - -
P
(ペースメーカー)

(ペースメーカーパルス情報付)
-
(ペースメーカー)

(ペースメーカーパルス情報付)
-
カスタム ご要望に応じ対応いたします。
  • PDFファイルは、インターネット解析サービスご利用時のみ、返却いたします。
  • P解析はF解析と併用いただくことが必要です。

解析レポート+拡大波形+圧縮波形に専門医所見をお付けします。
診断の一助にお役立てください。

圧縮波形とオート解析レポート+拡大波形を出力します。

  • 臨床検査技師が選択します。

解析を臨床検査技師が行い、レポート出力をします。

ペースメーカー機能のスクリーニング評価として、ペースメーカーレポートを出力します。但しF解析との併用が必要です。

  • D、E解析との併用はできません。

このページの先頭へ

解析レポート紹介

判読結果報告書

(D解析のみ)

テキストレポート

被検者情報、不整脈総数、R-R間隔延長およびST偏位などを表示します。

不整脈レポート/ヒストグラム

1時間毎の不整脈と心拍数、R-R間隔延長を一覧表示します。

R-Rインターバル/レシオ

記録された心電図のR-R間隔の推移をグラフ化し表示します。

STトレンド

STレベル・スロープのトレンドを出力します。
心拍数、運動強度、患者イベントを同時表示します。

波形種類(マルチフォーム波形)

記録された心拍を基本波形・上室期外収縮・心室期外収縮他に分類、形状別に表示します。(E解析では出力されません)

体位心電図波形

体位記録時刻の波形を出力します。合わせて心拍数・STレベルを表示します。

拡大波形

不整脈診断のためのP波や虚血診断でのST部をご確認いただけます。

圧縮心電図波形

1ページ1時間の波形を1分/行で出力します。

このページの先頭へ

睡眠時周期性心拍数変動(CVHR)計測サービス

PSG検査結果による心拍の変化と呼吸状態の関係

参考文献

解析センターでは睡眠時周期性心拍数変動(CVHR)の計測に自動検出アルゴリズム(ACAT)を用いています。下記ではACATに関する文献情報を案内しています。

このページの先頭へ

ダウンロード

  • Holter Report Vol.1
  • Holter Report Vol.2
  • Holter Report Vol.3
  • Holter Report Vol.4
  • Holter Report Vol.5

このページの先頭へ

ホルタ―解析サービスで新薬開発(治験)をサポート

高品位で精度の高い解析データを提供することで心臓循環器疾患の早期発見や治療効果判定として臨床でご利用いただいておいります。
また、治験(臨床薬理試験等)分野でもそのホルター心電図解析のノウハウを利用し、カスタムでの受託を行っております。

例. 心拍数・不整脈による薬剤有効性評価、安全性評価

ALLSTAR研究(ホルター心電図調査研究)

スズケンでは、ホルター心電図データを使用して、医学の発展を期待する研究 Allostatic State Mapping by Ambulatory ECG Repository (以下、ALLSTAR研究)に参加しております。

  • 株式会社スズケンの東京、名古屋、札幌のホルター心電図解析センターで、2008年6月以降に解析された既存のホルター心電図および今後解析されるホルター心電図とそれらに付随する情報が対象です。
    そのうち、当該患者様より当研究における使用を認めないとのお申し出があったものは除きます。

ALLSTAR研究に関する詳しい説明はこちら(名古屋市立大学ALLSTAR研究サイト)

製品・サービスについてのお問い合わせはこちら

製品・サービス

【医療機器】カタログ・ソフトウェアのダウンロード

製品・サービスについてのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ