HOME>製品・サービス>USER'S VOICE>スリープレコーダ (トランコム株式会社)

スリープレコーダ (トランコム株式会社)

シートの上に寝るだけで簡単に睡眠時無呼吸検査。
ドライバーの健康管理と安全管理に努めます。

ロジスティクスマネジメント

「トランコム株式会社」(愛知県 名古屋市)

簡単に検査。パソコンで簡単に解析できます。

昨今、SAS(睡眠時無呼吸症候群)による重大事故が話題となっている中、何か対策をしなくてはならないと考えていたところスリープレコーダの提案をいただきました。

実際に使ってみると、シートの上に寝るだけで簡単に検査できることがわかりました。また、精度も高いことが確認でき2台購入。

半年ほどで100名のドライバーを検査しました。結果としてSASの治療を受けるまでの社員はまだ見つからず安心しています。まだ、全社員を検査していませんので今後は中高年、メタボの社員から優先的に絞って検査を実施していく予定です。

運用面において、スリープレコーダは実施者への説明が簡単なこと、実施者の手間も少ない製品であると感じられました。また、消耗品もいらないのでコスト面でも助かっています。

SASは本人に自覚症状がない場合もあるため、会社側が積極的に取り組むことが大切です。今後は、さらにスリープレコーダの台数を増やし積極的に事故防止に取り組んでまいります。

ボタンを押して寝るだけの簡単操作

検査

開始ボタンを押し、シートの上に寝るだけで簡単でした。

検査シーン

専用ソフトが数秒で解析

解析

Windowsパソコンに添付ソフト(サスライザー)をインストールして解析します。
スリープカードからデータを取り込み、数秒で解析してすぐに結果レポートができます。結果レポートは印刷して紙で渡すか、PDFファイルで保存しメールで報告します。

  • 解析シーン
  • 「サスライザー」画面

その他

本事業は、国土交通省の助成金制度を利用しています。

製品・サービスについてのお問い合わせはこちら

製品・サービス

【医療機器】カタログ・ソフトウェアのダウンロード

製品・サービスについてのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ