HOME>会社情報>事業紹介>医薬品物流事業

医薬品物流事業

日本一の「メディカル・ロジスティクス・パートナー」
を目指して

スズケングループは日本の医薬品卸業界で唯一、メーカー物流、卸物流、院内物流、さらに治験薬や希少疾病薬の物流といったメディカルに特化した多様な物流機能を提供することができます。

業界無二の医療流通プラットフォーム

スズケングループは10年以上にわたり、医薬品メーカーから医薬品卸までの物流を担う「メーカー物流」と、医薬品卸から医療機関・保険薬局までの物流を担う「卸物流」の2つの機能を強化してきました。さらに、厳格な温度管理が求められる治験薬物流や希少疾病用医薬品流通も含め、高品質で幅広い機能を備えた業界無二の医療流通プラットフォームを構築しています。医薬品メーカーのサプライチェーンにおけるアウトソーシングニーズに応えるだけでなく、物流の共同化により、配送の効率化や流通在庫の適正化を図り、社会的コストの低減にも貢献しています。

メーカー物流:医薬品メーカーの工場・物流センター→ 卸物流:卸の物流センター・支店→医療機関の保険薬局→患者さま

「医療流通プラットフォーム」の進化

プロロジスパーク草加 外観プロロジスパーク草加 外観

全国の拠点で高い流通品質を確保できる物流ネットワークを構築しています。2021年度には宮城物流センターに加え、大阪事業所でもGMP※1に準拠した「ISO9001:2015」を取得する予定です。また、2024年稼働予定の業界初の複合型センター「首都圏物流センター」では、ロボット技術による自動化・省人化や、非接触による納品、検品業務の省略化など、新たなニーズや環境変化に対応した高品質かつ効率的な流通を目指します。

  • ※1GMP(Good Manufacturing Practice):医薬品の製造における製造管理と品質管理基準

製品カテゴリーの変化に対応した新たな流通モデル

スペシャリティ医薬品流通

キュービックスシステムキュービックスシステム

スペシャリティ医薬品のトレーサビリティシステム「キュービックス」は、現在、地域の中核病院や専門病院を中心に、300以上の施設で採用されています。RFID※2とIoT※3のデジタル技術を活用し、輸配送から医療機関・保険薬局における在庫管理までのトータル・トレーサビリティを実現。24時間365日、リアルタイムのモニタリングにより、困難とされていた再販売の可否判断や在庫調整を可能にしています。
また、治験薬向け「キュービックスCT」に株式会社EP綜合やサスメド株式会社の技術を融合し、デジタル治験プラットフォームを構築。さらにはパナソニック株式会社と共同開発した医薬品定温輸送ボックス「VIXELL」のレンタルサービスを開始するなど、スペシャリティ医薬品の廃棄ロス削減や医療機関の業務負担軽減など社会的コストの低減に貢献しています。

  • ※2RFID(Radio Frequency IDentification):記憶された人やモノの個別情報を無線通信によって読み書きする自動認識システム
  • ※3IoT(Internet of Things):従来インターネットに接続されていなかったモノ(センサー機器、駆動装置、建物、車、電子機器など)が、ネットワークを通じてサーバーやクラウドサービスに接続され、相互に情報交換をする仕組み

キュービックスシステムはこちら

後発医薬品流通

2019年4月に設立した東邦ホールディングス株式会社との合弁会社である株式会社TSファーマにて、患者視点で安全、安価で高品質な後発医薬品の安定供給に向けた企画・交渉を行っています。新たな流通モデルの展開と同時に、協業する製薬企業との共同生産体制の整備や共同調達、ならびにメーカー物流を含むサプライチェーンの効率化を図っています。

再生医療等製品の流通プラットフォーム構築

再生医療等製品のグローバル流通プラットフォーム

再生医療等製品の市場規模拡大が予測される中、当社グループでは、2016年10月から再生医療等製品の治験段階における輸配送・保管を受託しています。全国規模の体制を整備し、医療機関に翌日までにお届けすることが可能となりました。2020年5月にはノバルティスファーマ株式会社の脊髄性筋萎縮症に対する遺伝子治療用製品「ゾルゲンスマ点滴静注」の国内流通を受託しています。また、2018年には米国医薬品卸アメリソースバーゲンのグループ会社であるワールド・クウリアーと協業し、グローバルネットワークを構築。ロジスティクスにおける共同提案を行うなど、国内外での流通受託を目指しています。
さらに、流通管理・投与スケジュールサポートシステム(R-SATシステム)の共同開発や、医薬品卸として初となる保管やラベリング、出荷判定などを行うための製造業許可の取得など、製薬企業の高度化・多様化するニーズに応えるサービスを拡充しています。

日本一のメディカル・ロジスティクスパートナーを目指して ~Only One 医療流通プラットフォーム~

医薬品物流事業の概要

治験薬物流

国内外の医薬品メーカーからお預かりした治験薬を、医療機関の元へ配送しています。

希少疾病領域の総合支援

希少疾病用医薬品の開発を進めている国内外の医薬品メーカーに対して、総合的なサポートを積極的な提案を行っています。

メーカー物流

医薬品メーカーの倉庫から医薬品卸へ医薬品等をお届けしています。

卸物流

医薬品卸の倉庫から、医療機関・保険薬局へ医薬品等をお届けしています。

SPD事業(院内物流効率化支援)

専門のスタッフが、院内の物品物流管理における改善点や業務負荷を調査。詳しい分析を行い、それぞれの状況に適した運用・管理方法のご提案を行います。在庫管理・品質管理・物流管理・実績管理といった業務の代行も行っています。

このページの先頭へ