HOME>スズケングループCSR>スズケングループのESGの取り組み

スズケングループのESGの取り組み Suzuken Group's ESG Initiatives

ESGの重要テーマの特定と取り組みを強化

基本的な考え方

スズケングループは、医薬品流通という社会インフラとしての使命を果たすとともに、健康創造領域におけるさまざまな事業や協業企業の持つ機能を融合した、新たな価値を創造し続けることで、持続可能な社会への貢献、さらには企業価値の向上につなげていきます。当社グループでは、事業環境の変化や社会動向を踏まえ、ESGの重要テーマを特定しています。価値創造にはステークホルダーとの協働が不可欠であり、双方向のコミュニケーションにより定期的な見直しを図りながら、社会課題の解決を目指していきます。

    スズケングループのESGへの取り組み

ESGの重要テーマと主な取り組み

スズケングループのESGへの取り組み

このページの先頭へ

ESGへの取り組み Evironment(環境)

主な指標

基本的な考え方

スズケングループは、21世紀の最も重要な課題の一つは地球環境保全であると認識し、「地球の健康とすべての人々の健康で笑顔あふれる豊かな生活に貢献するベストパートナー」を目指しています。
国内では医薬品の廃棄ロスや高齢者などによる薬の飲み残し(残薬)が大きな課題となっており、こうした社会的コストを最小限に抑えることを重要な経営テーマと位置付けています。
また、事業活動によるCO2の排出は、営業車両におけるガソリン使用と全国の営業拠点における電力使用が大半を占めており、事業と環境への影響は相関関係にあります。そのため、環境に関する法律・規則などを遵守することはもちろん、事業活動を通じ、地域社会と協調しながら環境負荷の低減にも取り組んでいます。

環境マネジメント体制

株式会社スズケンでは環境方針を策定し、PDCAサイクルに沿った継続的な改善を進めています。環境関連の法律・規則および協定を遵守することはもちろん、地域社会と協調しながら、「省資源・省エネルギー」「廃棄物の削減・リサイクル」「CO2排出量の削減」「業務の効率化」など、事業活動と一体的な環境保全活動を推進しています。
従業員一人一人の環境認識を深めるとともに、省資源・省エネルギー活動を継続的・計画的に推進していきます。

医薬品廃棄ロスの削減

キュービックスの導入による医薬品廃棄ロスの削減

近年、高額なスペシャリティ医薬品の流通増加に伴い、廃棄ロスの削減が求められています。当社グループでは、2017年から医療機関・保険薬局向けにキュービックスを展開。医薬品にRFID(無線自動識別)タグを取り付け、IoT技術を搭載した専用保管庫で管理するトレーサビリティシステムにより、医療機関までの配送状況や在庫管理をリアルタイムでモニタリングすることが可能となり、在庫の最適化や廃棄ロス削減など社会的コストの低減に貢献しています。

    保険薬局に設置されたスリムタイプの「キュービックスINE40A」 保険薬局に設置されたスリムタイプの「キュービックスINE40A」

医療流通プラットフォームによる物流共同化

スズケングループは10年以上にわたり、製薬企業から医薬品卸までの物流を担う「メーカー物流」と、医薬品卸から医療機関・保険薬局までの物流を担う「卸物流」の2つの機能を強化。厳格な温度管理が求められる希少疾病薬と再生医療等製品の流通において、高品質で幅広い機能を備えた業界唯一無二の医療流通プラットフォームを構築しています。
さらに、2024年3月の稼働に向け、最先端のロボット技術を駆使した、業界初の物流と製造の両機能を備えた複合型物流センター「首都圏物流センター」を埼玉県草加市に構築中です。

薬剤師による服薬指導で残薬を防止

国内では処方薬の飲み残しが大きな社会課題となっており、薬剤師によるきめ細かな服薬指導が求められています。スズケングループの保険薬局では丁寧な服薬指導に加え、飲み忘れ防止のために一包化※1やブラウンバッグ運動※2を推進しています。また、オンライン服薬指導や処方薬の居宅配送を導入するなど、患者さまの利便性向上にも努めています。

  • ※1一包化:服用時期が同じ薬や一度に何種類かの薬を服用する場合、それらをまとめて1袋にすること
  • ※2ブラウンバッグ運動:薬剤師が中心となって、患者が日常的に服用している処方薬、OTC薬、サプリメントなどの量や種類、副作用や相互作用などの問題をチェックする運動

廃棄物の適切な管理・リサイクル

省資源・廃棄物対策の推進

医薬品の成分として用いられる化学物質は、製造過程での排出や廃棄により生態系に影響を及ぼす可能性があります。その影響を最小限に抑制することを目的とした環境法令に基づく厳密な管理が必須であり、生産工場における環境管理・衛生管理への対応が重要であると考えています。
医薬品製造を担う株式会社三和化学研究所では環境委員会を設置し、環境保全に向けた目標と行動計画を策定しています。化学物質の排出量の把握やPRTR制度※3に則った適切な管理に努め、大気汚染物質の排出削減にも取り組んでいます。また省エネ・地球温暖化対策として、高効率なシステムへの順次切り替えやエネルギー使用量の見える化を進め、廃棄物対策ではリサイクル量を増やすことで最終処分率の低下に取り組んでいます。

  • ※3PRTR(Pollutant Release and Transfer Register)制度:人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質が、事業所から環境(大気、水、土壌)へ排出される量および廃棄物に含まれて事業所外へ移動する量を、事業者が自ら把握し国に届け出をし、国は届出データや推計に基づき、排出量・移動量を集計・公表する制度

CO2排出量・エネルギー使用量削減

ガソリン使用量、電気使用量の削減

スズケンは「環境方針」を策定し、全社を挙げて「省資源・省エネルギー」「廃棄物の削減・リサイクル」「CO2排出量の削減」「業務の効率化」に取り組んでいます。

環境保全への取り組み

グリーン経営・エコ運転の取り組み

輸配送を担う中央運輸株式会社では、環境活動方針を策定し、環境に配慮した経営を推進しています。すべてのトラックにデジタル式運行記録計を搭載し、ドライバーの運転技術を客観的に分析・評価することで、安全運転・エコ運転への意識と運転技術向上につなげています。また、車両整備や関連法規・運転技術を学ぶドライバー研修も定期的に実施しています。このような取り組みにより、中央運輸では全営業所で「グリーン経営認証」を取得しています。

  • 外部講師を招いた研修を定期的に実施
  • 「グリーン経営認証」を取得し、
    環境に配慮した経営を推進

このページの先頭へ

ESGへの取り組み Social(社会)

主な指標

基本的な考え方

スズケングループでは、「社会インフラとしての機能拡充」「地域社会への貢献」「従業員の育成」を社会分野の重要なテーマと位置付けています。
スズケングループの高品質かつ安定した医薬品流通機能は、災害・パンデミックの発生や医薬品廃棄ロスの削減といった社会課題にも対応する、社会インフラの使命を果たす機能であると考えています。また、保険薬局・介護事業は地域医療や地域包括ケアの担い手として地域住民の健康に貢献しています。加えて、スズケングループの最大の経営資源である従業員の育成、健康と安全の確保に注力することで、企業の競争力を高めています。

安心・安全かつ安定的な医薬品流通

トータル・トレーサビリティによる品質管理

医薬品卸売事業においては、トレーサビリティシステムにより、すべての医薬品の流通経路を明確化し、厳格な品質管理の下、必要な時に必要な医薬品を確実にお届けするネットワークを構築しています。2017年からはキュービックスシステムの展開により、高額で厳格な温度管理が必要なスペシャリティ医薬品のトレーサビリティを実現。2020年3月には、さまざまな温度帯での品質管理と記録が求められる治験薬向けの「キュービックスCT」を開発し、製薬企業や医薬品開発の業務受託機関、治験実施施設など、治験薬を取り扱う人々の業務効率化にも貢献しています。

グローバル基準の品質管理

物流事業を担う株式会社エス・ディ・ロジでは、2008年に「ISO9001」の認証を取得し、メーカー物流においてGMP※4を考慮した品質管理を行ってきました。その後、「2015年版」を取得し、グローバル基準であるPIC/S※5 GDP※6に準拠した品質管理を実現しています。現在は、これまでに培ったノウハウを卸物流センターと事業所に展開し、一気通貫の品質管理の強化に取り組んでいます。

「ISO9001:2015」の認証範囲
信頼性保証部、卸物流部、宮城物流センター、大阪事業所、メーカー物流部、神戸物流センター、古河物流センター、尼崎物流センター、杉戸物流センター、西神戸物流センター、西日本物流センター、東日本物流センター、六甲物流センター、筑波物流センター

  • ※4GMP(Good Manufacturing Practice):医薬品の製造における製造管理と品質管理基準
  • ※5PIC/S(医薬品査察協定および医薬品査察協同スキーム):各国政府や査察機関の間のGMPとGDPにおける二つの協力機関の統合呼称
  • ※6GDP(Good Distribution Practice):医薬品の輸配送・保管過程における品質管理基準

BCPへの対応

全国BCPネットワークの構築

東日本大震災の教訓を生かし、「メーカー物流と卸物流の連携による、東名阪を基盤とした強靭な物流ネットワーク」を構築しています。自然災害などの発生時には、この物流ネットワークを活用し、行政や製薬企業と連携して、災害拠点病院などの医療機関に必要とされる医薬品を速やかに届けます。

強靭な全国BCPネットワーク

主なBCP対策設備

<自家発電設備の設置>

  • 72時間連続稼働の設備:宮城、千葉、戸田、名南、阪神の各物流センター
  • 上記以外の物流拠点にも自家発電設備・小型発電機を設置

<軽油・ガソリンの備蓄>

  • 中央運輸(株):東日本エリアの共同配送を約1週間まかなえる量を備蓄

<衛星電話・優先電話の設置>

  • 衛星電話:主要拠点と物流センターに設置
  • 優先電話:全支店に設置

<従業員の安否確認システム>

  • 全グループ社員の安否をメールで確認するシステムを採用し、定期訓練を実施
  • 千葉物流センターでの離着陸訓練
  • 宮城物流センターの自家発電設備
  • 中央運輸の自家給油スタンド

地域社会への取り組み

地方自治体との連携協定

スズケングループの卸会社では、各地方自治体と51件(2021年8月25日時点)の連携協定を締結し、地域住民の健康、高齢者の見守り、地域包括ケアなどの支援に取り組んでいます。また、多職種連携においては、医療機関・保険薬局との関係性を生かし、地域の医療・介護に携わる人々を「つなぐ」役割を担っています。

    スズケンと愛知県大府市との連携協定締結式 スズケンと愛知県大府市との連携協定締結式

地域社会との協働

薬局事業を担う株式会社ファーコスでは、2002年から「薬と健康の広場」を開催し、こども薬剤師体験や健康相談などを行ってきました。コロナ禍の2021年からはWeb版を開設。全国245店舗において薬局紹介や薬・健康・食事に関する動画など、さまざまなコンテンツを提供しています。介護事業を担う株式会社エスケアメイトでは、サービス利用者と近隣住民が一緒に楽しむ交流会を開催。相互理解を深めるとともに、地域から必要とされる企業を目指しています。

    エスケアメイトでのクリスマス会(2019年) エスケアメイトでのクリスマス会(2019年)

グループ人材育成

グループ一体の人材育成を推進

スズケングループでは、入社年数や職位に応じた研修のほか、自己学習支援制度やデジタル化に向けた学習機会の充実にも努めています。協業企業のドクターズ株式会社が講師を務めるDX研修を実施するとともに、国家試験の「ITパスポート」の受験を推奨しています。2020年度はグループ全体で1,248名が合格しました。

    ディスカッションやグループワークを取り入れた実践的な研修を実施(2019年) ディスカッションやグループワークを取り入れた実践的な研修を実施(2019年)

ダイバーシティの推進

スズケンでは、新たなビジネスモデルの構築を目指すなかで、性別・年齢・国籍・価値観・働き方などが異なる個性あふれる社員が、互いに競い合いながら成長していく「個を活かす」風土を醸成するため、ダイバーシティの推進を行っています。

ダイバーシティの推進

新型コロナウイルス感染症への対応

円滑なワクチン接種に向けた取り組み

スズケングループでは全国の地方自治体からの要請を受け、接種会場・医療機関への新型コロナワクチンの配送を行っています。
新型コロナワクチンは厳格な温度管理を要することから、社内において運用手順に関する研修を行い、厚生労働省や製薬企業が示す指針に従って、質の高い流通を実践しています。
新型コロナワクチンの配送・保管ニーズに応えるため、2021年4月からはパナソニック株式会社との協業により、医薬品定温輸送ボックス「VIXELL」のレンタルサービスを行っています。ボックスの「予冷、輸送、回収、メンテナンス」を行う、これまでにない画期的なサービスとして注目されています。
また、ワクチン接種前の問診とワクチン接種前後の被接種者の体調を管理するサービスは、円滑なワクチン接種に貢献するツールとして高く評価されています。グループのネットワークを生かし、医療機関や自治体などへの導入を図っています。

医療機関と連携した感染後の患者サポート

聖マリアンナ医科大学病院と当社グループのエンブレース株式会社が共同開発した「しんしんあんしんアプリ」は、新型コロナウイルスに罹患した患者の心身の症状を見守るツールとして、2021年5月から、同病院の「新型コロナウイルス感染症後外来」に通院する患者さまに活用されています。今後は、利用を希望する全国の医療機関に、エンブレースより無料で提供する予定です。

医療機器・材料のラインナップを拡充

スズケングループでは医療機関・保険薬局の幅広いニーズに応えるため、新型コロナウイルス感染症対応の製品ラインナップ拡充に努めています。2020年度はマスクや手袋を中心にラインナップを増やし、2021年11月には、名古屋大学が開発したマスク「Kenz e-mask」をスズケンから発売予定です。このマスクは検査・処置に伴う飛沫感染予防効果が期待されています。株式会社三和化学研究所では、2020年7月より、「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体迅速検出キット」を販売。医療機関で活用されています。

  • プラスチック手袋パウダーフリー プラスチック手袋パウダーフリー
  • 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体迅速検出キット 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)
    抗体迅速検出キット

円滑なワクチン接種と感染後の患者サポート

このページの先頭へ