個人投資家の皆さまへ
~スズケンのことをより知っていただくために For Individual Investors

スズケンのビジョン

日本に加えアジアにおいても"医療と健康になくてはならない存在"へ

「医療と健康になくてはならない存在」を目指して

スズケングループを取り巻く経営環境は想定を超えるスピードで変化しており、今まさに大きな転換期にあります。

創業者・鈴木謙三の創業を第1の創業と位置づけますと、第2の創業は1997年の東証一部上場を果たした時、そして、これからの時代を「第3の創業期」として位置付けております。新しいビジネスモデルの構築や新たな事業構築に向けて、これからの3年間は「第3の創業期」をキーワードに、前中期成長戦略「One Suzuken 2019」を確実に実践していくフェーズとして位置づけ、2025年ビジョンの実現を目指してまいりたいと考えております。

スズケングループは、この2025年ビジョンを実現するため、中期成長戦略「May I "health" you? 5.0」を策定いたしました。この来たるべき「Society 5.0」の時代において、健康創造領域「health」において、日本に加えアジア「you」においてもお役に立てる「help」企業でありたい、なくてはならない存在になりたいという想いが込められており、社会課題を解決する新たな事業展開を目指すとの考えのもと作られたものです。

今後、スズケングループ一体となって、戦略骨子としている「第3の創業に向けた新事業の立ち上げ」、「各事業の成長と事業間シナジーの発揮」、「更なる筋肉質化」に取り組み、中期ビジョンにおける3つの「One」の実現、そしてそれぞれの「One」を連動させることでシナジーを創出し、さらなる企業価値向上を目指してまいります。

中期成長戦略「May I "health" you? 5.0」イメージ

中期成長戦略「May I "health" you? 5.0」イメージ図

Next

株主還元

このページの先頭へ