HOME>スズケングループCSR>スズケンCSRの基本的な考え方

スズケンCSRの基本的な考え方

CSRビジョン 「真に、社会に誇れる会社」を目指して

スズケンは、創業のこころ“世のため、人のため”を受け継ぎ、2008年にCSRビジョン「『真に、社会に誇れる会社』を目指して」を掲げ、コンプライアンスの徹底とステークホルダーとの双方向コミュニケーションを中心とした取組みを開始しました。

私たちはその取組みを継続し、「社会との持続的な発展」と、「健康創造企業」として医療・健康に関わる幅広い領域で新たな価値を創造し、すべての人々の健康で豊かな生活に貢献していきます。

この基本的な考え方は、スズケングループ経営理念「すべての人々を『笑顔』に」の実現こそが、スズケングループのCSRビジョンであるという考え方に引き継がれています。

このページの先頭へ