HOME>IR情報>中期成長戦略「One Suzuken 2019」

中期成長戦略「One Suzuken 2019」 Medium-term Growth Strategy "One Suzuken 2019"

当社グループは、「笑顔=スマイル」をテーマにした「Design Your Smile 健康創造のスズケングループ」のメッセージのもと、すべての人々の笑顔あふれる豊かな生活に貢献してまいります。

当社グループは、事業領域を「健康創造」と定め、お得意さまのニーズに応える「お得意さま志向の経営」、社員の人間性を尊重した「全員参加の経営」を基本方針として「医療および介護分野における新たな付加価値を創造し続け、日本に加えアジアにおいても、医療と健康になくてはならない存在へ」の実現を目指し、長期的な企業価値の増大に努めてまいります。

当社グループを取り巻く環境変化を大きく飛躍できる機会と考え、中期成長戦略「One Suzuken 2019」を策定いたしました。4つの中期ビジョンのもと、お得意さまのニーズを徹底的に追求し、さまざまな企業との協業による新たな価値を創造し、また、グループ一体での生産性を上げることにより、企業価値向上を目指してまいります。

2025年ビジョン スズケングループは、医療および介護分野における新たな付加価値を創造し続け、日本に加えアジアにおいても、“医療を健康になくてはならない存在”を実現します 中期成長戦略「One Suzuken 2019」 Number One “顧客信頼度最大化への挑戦” Only One “唯一無二のビジネスモデル” One Polnt Improvement “生産性向上による販管費率の改善” One Group “共通の基盤、共通の価値観” “4つのOne”の実現に向けた基本姿勢(4つのC) Challenge(挑戦) Cost(コスト最適化) Collaboration(協業) Capability(能力)

中期ビジョン1.Number One「顧客信頼度最大化への挑戦」

  1. (1)顧客接点の強化による、顧客が真に求める機能・価値の追求
  2. (2)「地域密着全国卸」戦略の構築と体制整備
  3. (3)医療流通プラットフォームの進化
  4. (4)ジェネリック製品等の新たな流通モデルの構築

お得意さまのニーズにお応えする改善活動を徹底し、お得意さまからの信頼を最大限に得ることを目指し、引き続き、顧客信頼度ナンバーワン戦略を実践してまいります。
営業・物流体制の見直しや生産性を向上することにより、顧客信頼度ナンバーワン戦略の活動を強化し、お得意さまのニーズに対するソリューションを提供する活動へ進化させてまいります。
また、医療流通プラットフォームを、さらに進化させ、全国ネットワークだけでなく、それぞれの地域において、安心・安全に供給できる独自の流通基盤の構築を目指してまいります。

このページの先頭へ

中期ビジョン2.Only One「唯一無二のビジネスモデル」

  1. (1)グループ既存事業の利益体質強化
  2. (2)アジア市場における事業基盤の確立
  3. (3)スペシャリティ製品を中心としたワンストップ受託サービスの確立
  4. (4)地域包括ケアの進展に対する新たなサービスの創出

当社グループは、既存事業において、環境変化を見据えた利益体質を強化するとともに、グループ各事業の機能を融合し、さらに、パートナー企業や外部企業との協業により、将来に向けた新たなビジネスモデルの構築を目指してまいります。
「安心・安全な医薬品の流通」を実現することは、当社グループの社会的使命であり、「社会的コストの低減」などの社会に貢献できる新たなビジネスモデルを育成していくことが、「安心・安全な医薬品の流通」につながるものと考えております。

各事業基盤強化

①医薬品製造事業

  • 既存製品の徹底した拡販
  • パートナー企業との協業による新たな付加価値の創出
  • 糖尿病・腎疾患領域を基軸とした研究開発

②保険薬局事業

  • 安心・安全な薬局としてのブランド構築
  • 事業基盤の強化による効率化とM&Aなどによる事業拡大
  • 医薬品卸売事業などグループ内の他事業とのシナジーの強化

③介護事業

  • 事業の収益性改善
  • 地域における医薬品卸売・保険薬局との連携モデルの構築

④グローバル事業

  • アジア市場における事業基盤の確立
  • アジア各国の医薬品流通及び医療関連産業の更なる発展への貢献

このページの先頭へ

中期ビジョン3.One Group「共通の基盤、共通の価値観」

  1. (1)グループガバナンスの強化
  2. (2)グループ間コミュニケーションの強化
  3. (3)将来を担いうる人材を育むための仕組み・組織風土づくり

当社グループは、コンプライアンスを最上位とする企業集団として、グループ全体のガバナンス機能やグループコミュニケーションを強化することにより、グループガバナンスを向上してまいります。
また、人材育成において、若手人材の発掘と成長機会の提供、ミドルマネジメント層の強化を進めるとともに、人材を育むための仕組みや組織風土を醸成してまいります。

このページの先頭へ

中期ビジョン4.One Point Improvement「生産性向上による販管費率の改善」

  1. (1)全社的な「ムダの廃除」による業務・コスト構造改革
  2. (2)「働き方改革」の実現

当社グループは、「ムダの廃除」をキーワードとし、業務・コスト構造改革を実践し、利益体質の強化を目指してまいります。IT活用による業務の効率化をはじめ、これまでの慣習にはとらわれず、徹底的に「ムダの廃除」をし、時間あたりの労働生産性の向上を目指してまいります。
生産性向上に向けた業務改革を実践することにより、女性など多様な社員の活躍を含む「働き方改革」の実現を目指してまいります。

当社グループは、中期成長戦略 「One Suzuken 2019」を実践し、「医療および介護分野における新たな付加価値を創造し続け、日本に加えアジアにおいても、“医療と健康になくてはならない存在”」の実現を目指してまいります。

なお、当社グループは、売上高及びROEを重要な指標として位置付けておりますが、収益に影響を与える未確定な要素が多く、中長期的な予測を合理的に数値で示すことが困難な状況であることから記載をしておりません。

このページの先頭へ