HOME>会社情報>事業紹介>医薬品製造事業

医薬品製造事業

人にやさしい”くすり”を世界の人々に

連結対象子会社である、株式会社三和化学研究所では、医薬品、診断薬の研究開発と製造販売、医薬品の受託生産を行っています。
企業理念「人にやさしい“くすり”を世界の人びとに」の下、健康を望むすべての皆さまのために事業を展開しています。

糖尿病・腎疾患領域の治療の研究に真摯に向き合う

糖尿病領域を中心に生活習慣病の改善に寄与する医薬品、付加価値の高いジェネリック医薬品、国内トップシェアの血糖自己測定器や診断薬の開発・製造・販売を行っています。大手医薬品メーカーの受託生産も行っており、三和化学研究所独自の製剤技術が国内外から高い評価を得ています。

信頼性の高い医療情報を提供するMR

約300名のMR(医薬情報担当者)が、医師や薬剤師の方々に医療用医薬品の詳細情報を提供しています。効能・効果・適正使用等のご説明はもちろん、自社製品の有効性・安全性に関する情報や副作用情報を収集し、その評価・分析結果をフィードバックします。また、学術研究会やセミナーをコーディネートし、信頼性の高い医療情報を提供しています。

医薬品製造事業の概要

医療用医薬品製造

患者さまのQOLや経済的な面を真剣に考え、使いやすく、より安全かつ有効な“くすり”を開発しています。

スイニー錠スイニー錠
メトアナ配合錠メトアナ配合錠

診断薬製造

病院・医院における超音波検査や心電図検査、血液や尿などの検体を用いた検査に、必要不可欠な高品質の診断薬・診断用機器を製造しています。

グルテストアクアグルテストアクア

医薬品生産受託

株式会社三和化学研究所のFUKUSHIMA工園・熊本工場の2つの工場では、自社医薬品の製造だけでなく、大手医薬品メーカーの受託生産も行っています。

研究開発(パイプライン)の状況

製薬企業として持続的に成長するには新薬開発が不可欠であり、糖尿病と腎・透析関連領域を中心に、まだ多くのアンメット・メディカル・ニーズが残されている領域を新たな成長市場と捉え、当領域の新薬開発に注力し、開発パイプラインを充実させています。

二次性副甲状腺機能亢進症治療薬(SK-1403)をEAファーマ株式会社から導入し、2020年8月25日、厚生労働省への製造販売承認申請をしました。

協業による新たな取り組み

2019年3月に、富士フイルム富山化学株式会社と、インスリン製剤のバイオシミラーであるインスリングラルギンBS注キット「FFP」の国内におけるプロモーション提携に合意しました。本剤のプロモーションを通じて、より糖尿病領域でのプレゼンスを高めていきます。

また、後発医薬品の販売に関しては、2019年4月に東邦ホールディングス株式会社と設立した「株式会社TSファーマ」と連携し、共創未来ファーマ株式会社と株式会社三和化学研究所が共同で展開しています。2019年6月に前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬「シロドシン錠・OD錠」を発売し、2020年6月には、新たに5品目の後発医薬品を発売しました。

独自技術のOSDrCを活用した新しい製剤の開発

分割型有核錠

成形不良核の有核錠化

OSDrC(オスドラック:One-Step Dry-Coating Technology)は、三和化学研究所オリジナルの製剤技術であり、国内製薬企業から製剤開発受託、受託生産をしています。ワンステップで有核錠を製造できる可変式の二重構造杵を持つロータリー打錠機によって、内核を2つ有する分割型有核錠や形成性を向上させた錠剤など、付加価値の高い製剤を設計・製造することが可能です。

今後も学会・展示会での技術紹介などを通じて、医療ニーズに応える多種多様な有核錠を製造する技術提案に努めていきます。

医薬品製造事業を担う子会社

このページの先頭へ