HOME>IR情報>経営方針

経営方針 Management Policy

理念と長期ビジョン

スズケングループは、お得意さま信頼度で群を抜く、企業集団を目指します

スズケングループは、経営理念のキーワード「笑顔」をテーマとしたグループメッセージ「DesignYour Smile 健康創造のスズケングループ」のもと、すべての人々の笑顔あふれる豊かな生活に貢献する「健康創造企業」として、邁進しています。

また、事業領域を「健康創造」と定め、中核事業である医薬品卸売事業の拡充を図るとともに、医療用医薬品・医療機器の開発・製造、保険薬局、介護など、医療と健康に関わる事業を総合的に展開しています。さらに医療バリューチェーンの中で各事業の機能を高め、グループ各社が有する専門性と多様な人材を融合することで、幅広い領域で総合力を発揮することを目指しています。

スズケングループは、2025年を達成期限として「医療および介護分野における新たな付加価値を創造し続け、日本に加えアジアにおいても、“医療と健康になくてはならない存在”」になると宣言しました。この長期ビジョンを見据え、お得意さま起点で選ばれるサービスを提供し、お得意さま信頼度で群を抜く評価を得ることによって、各事業においてナンバーワンもしくはそれに準ずるポジションを実現し、長期的な企業価値の増大に努めてまいります。

取締役最高顧問 別所芳樹

ミッション(存在意義・使命):「健康創造のスズケングループ」は、グループの英知を集め、すべての人々の笑顔あふれる豊かな生活に貢献し続けます ビジョン(将来の理想像):「健康創造のスズケングループ」は、健康に関わるさまざまな領域で、新しい価値を創造することに挑戦し、すべての人々の笑顔を応援するベストパートナーを目指します バリュー(行動基準):SMILE 誠意(Sincerity)と倫理観(Morality)をもって独自性(Identity)を生かしお得意さまに学ぶ(Learning)で進化(Evolution)し続けます

スズケングループの価値創造モデル

社会インフラとしての役割を果たし、社会課題を解決する新たな価値創造を目指して

スズケングループは、「デジタルとリアルの融合で社会課題を解決する新たな価値創造を目指す」という考え方に基づき、社会に提供する価値として、「安心・安全かつ安定的な医薬品流通」「社会的コストの低減」および「地域の医療・介護課題の解決」の3つを掲げています。

1つ目の「安心・安全かつ安定的な医薬品流通」とは、医療流通プラットフォームを進化させながら医薬品の流通品質を高め、災害などの有事の際にも医薬品流通を途絶えさせない体制を構築することで社会的使命を果たすことです。

2つ目の「社会的コストの低減」とは、医薬品の流通過程や製薬企業のサプライチェーンにおいて、物流の共同化や配送効率化、さらには流通在庫の適正化や廃棄ロスの削減、残薬削減などに取り組み、社会的コストの低減に貢献することです。

そして、3つ目の「地域の医療・介護課題の解決」とは、医薬品卸、保険薬局、介護事業を展開する当社グループとして、すべての人々に平等に医療・介護を提供する場づくりを進め、地域ごとに異なる医療・介護課題の解決に貢献することです。

当社グループが社会インフラとして提供する医薬品流通機能、地域社会に貢献する事業や機能は、国連が2015年に採択したSDGsの達成につながるものと考えています。特に、SDGsにおける3番目の目標、「すべての人に健康と福祉を」は、当社グループが掲げる「すべての人々の笑顔あふれる豊かな生活に貢献し続ける」というグループ経営理念に込めた思いに通じるものです。

健康創造領域において社会課題を解決する新たな価値を創造し続けます

事業発展の歩み~スズケングループのこれまで

1932年の創業以来、スズケンはどの製薬企業の系列にも属さない「独立系」を貫き、世の中のお役に立つことを目指して事業を拡大し、成長を遂げてきました。時代とともに変化する環境に対応し、価値創造に取り組んてきたスズケングループの歴史を紹介します。

お得意さまのニーズに応じて事業を創出し、提供価値を拡大してきました

このページの先頭へ