人材育成

人材育成基本方針

スズケンにおける人材育成とは、お得意さまのお役に立つために自ら能力開発を行い、成長しようとする人を支援することです。その中心はOJTであり、それをOFF‐JTと自己啓発支援が支えます。

人材育成の3本柱

1.OJT(On the Job Training)

上長(先輩)が意図的・計画的・継続的に、部下(後輩)に仕事を任せ、それを受けて部下が自ら努力し、遂行することです。その際には、上長は任せた仕事を通じ、部下に寄り添うことで、部下の成長に貢献します。

2.Off-JT(Off the Job Training)

自身の現状や役割を振り返ったり、必要なスキルや知識を身につけることができるよう、会社が「気づき」や「きっかけ」の場を提供します。

3.自己啓発支援

自らの意思によって、新たな知識やスキル習得を目指す社員に対し、会社が学習機会の提供および支援を行います。

入社5年間の教育体系

スズケンでは入社5年間研修があり、社会人・スズケン社員としての基本的な行動と考え方を習得します。また、自らの担当業務の早期習得と自発的に行動できる人材へと育成していきます。

入社5年間の教育体系図

このページの先頭へ